赤ちゃんゾウを救助した人間に対して、ゾウの群れが取った行為

英語のことわざに「ゾウは決して忘れない (An elephant never forgets.)」という言葉があります。よく知られる言葉ですが、ある小さな赤ちゃんゾウの命を救った人たちは、このことわざの意味を実際に体験することになります。

1頭の赤ちゃんゾウが、誤って深いぬかるみに滑り落ち、溺死の危機に面していました。ゾウは仲間意識が高く、忠誠心の強い動物です。この赤ちゃんゾウが属していた群れは、危機に面した赤ちゃんを見捨てることなく、2日間もその場にとどまり続けました。最終的に、ゾウの赤ちゃんは人間に救助されて死を逃れます。人々は赤ちゃんゾウの命を守るため、できる限りの手を尽くしたのです。

しかし当初、赤ちゃんゾウが置かれた状況は絶望的でした。

obsev
出所: obsev

[次へ] のボタンをクリックして進んでください!